loader image

りんごの基本

りんご

りんごとは

りんごは、秋から冬頃に旬を迎える、ビタミンCや、カリウム、食物繊維、ポリフェノールなどが豊富に含まれている果物です。
りんごの皮や皮の近くには、果肉に比べると1.5倍ほどの食物繊維と、1.6倍ほどのビタミンCが含まれるため、皮ごと食べるのもおすすめです。

【美味しいりんごの選び方】
・全体的に(お尻まで)赤く、皮にハリとツヤがあるもの
・軸はしっかりしていて太めのもの
・ずっしり重みのあるもの

りんごのツヤツヤは…?

りんごは、成熟するにつれて、「リノール酸」「オレイン酸」などの脂質が増え、完熟する頃には皮の表面ににじみ出てきます。そのため、ワックスが塗られているかのようにツヤツヤ(テカテカ)になるのです。これを「油上がり(あぶらあがり)」と呼びます。

下ごしらえ

洗い方

皮ごと食べる場合は、国産のものを選び、しっかり水洗いましょう。
(外国産のものは、残留農薬が残っている場合があるため)

  • 両手でこすりながら、しっかり水洗いする。

皮のむき方・切り方(くし形切り)

  • 【先に皮をむく方法】

    【先に皮をむく方法】

    1.りんごを持ち、包丁で丸ごとぐるぐるむいていく。

  • 2.8等分に切る。

  • 3.V字に包丁で切り込みを入れ、芯を取り除く。

  • 【切ってから皮をむく方法】

    【切ってから皮をむく方法】

    1.8等分に切る。

  • 2.V字に包丁で切り込みを入れ、芯を取り除く。

  • 3.カーブに沿って皮をむく。

いちょう切り

  • くし形切りにしたりんごを横に置き、端から料理に合わせた幅に切る。

変色防止の方法

りんごにはポリフェノールが含まれていて、空気に触れることで酸化し、茶色く変色してしまいます。

  • 【塩水に浸ける場合】

    【塩水に浸ける場合】

    ボウルに、塩水(水200ccに塩ひとつまみ)、りんごを入れ、2~3分浸けておく。

  • 【はちみつを入れた水に浸ける場合】

    【はちみつを入れた水に浸ける場合】

    ボウルに、水200ccとはちみつ大さじ2、りんごを入れ、2~3分浸けておく。

保存方法

冷蔵保存の方法

りんごは、エチレンガスを発生させるので、他の果物や野菜を傷めてしまう可能性があるため、ポリ袋に入れてしっかり口を閉じて保存しましょう。

  • 1.1個ずつキッチンペーパーで包む。

  • 2.1個ずつポリ袋に入れてしっかりと口を閉じ、冷蔵保存する。(日持ち:1ヶ月)

りんご関連のレシピ

もっと見る