loader image

柿の基本

柿

柿とは

柿は、秋から冬頃に旬を迎える果物です。アルコールを分解する働きを持つタンニンやカリウム、ビタミンA、ビタミンC、食物繊維が豊富に含まれています。

【美味しい柿の選び方】
・ヘタが果実に張りついていて、すき間がないもの
・ヘタはきれいな緑色で、全体は濃いオレンジ色のもの
・皮にハリとツヤがあるもの
・ずっしり重みのあるもの

甘柿、渋柿の違い

柿は、品種によって甘柿と渋柿に分けられますが、この二つの違いは、柿に含まれる「タンニン」が水に溶けているもの「水溶性(渋い)」か、溶けていないもの「不溶性(甘い)」かです。
■甘柿…成長する過程でタンニンが「水溶性」から「不溶性」に変わり、甘くなります。
■渋柿…口の中で「水溶性」のタンニンが溶けるため、渋く感じます。
このことから、甘柿、渋柿、どちらも成長前は渋味成分があることが分かります。

渋の抜き方

最も一般的な、アルコールでの渋の抜き方をご紹介します。

  • 1.ボウルに焼酎を入れ、渋柿のヘタを浸ける。

  • 2.ヘタを下にしてポリ袋に入れ、口を閉じる。冷暗所で、1週間ほど置いておく。

下ごしらえ

皮のむき方

  • 1.ヘタを下にして置き、十字に切り込みを入れ、4等分に切る。

  • 2.ヘタを切り落とす。

  • 3.逆側から皮をむく。

保存方法

冷蔵保存する場合

  • 1.キッチンペーパーをヘタの大きさにたたんで水で濡らし、ヘタに被せる。

  • 2.ポリ袋に入れて口を閉じ、ヘタを下にして野菜室で保存する。(日持ち:約1週間~10日)

冷凍保存する場合

熟柿や柔らかくなってしまった柿は冷凍保存して、半解凍の状態にするとシャーベットのように食べられます。

  • 【丸ごと保存する】

    【丸ごと保存する】

    1.熟柿や柔らかくなってしまった柿を水洗いし、キッチンペーパーで水気をふきとる。

  • 2.ラップで包み、冷凍用の保存袋に入れ、冷凍保存する。(日持ち:約3週間〜1ヶ月)

  • 【切ってから保存する】

    【切ってから保存する】

    お好みの大きさに切り、ラップで包み、冷凍用の保存袋に入れ、冷凍保存する。(日持ち:約3週間〜1ヶ月)

柿関連のレシピ

もっと見る