loader image

春菊の基本

春菊

春菊とは

春菊は、11月~2月頃に旬を迎える、カルシウムや鉄、β-カロテンが豊富に含まれている緑黄色野菜です。

【美味しい春菊の選び方】
・切り口がみずみずしく、茎が太すぎずやわらかいもの
・葉の先まで色が濃く鮮やかなもの

下ごしらえ

洗い方

  • ボウルに水を溜めながら、ゆすり洗いをする。
    ※土がたくさんついているときは、5分ほど水に浸けてから洗う。

シャキッとさせるには…

春菊がしおれている場合は、シャキッとさせよう!

  • 1.根元の部分を少し切り落とす。

  • 2.水を張ったボウルに切り口が浸かるようにし、30分ほど浸ける。

茹で方

  • 1.洗った春菊を輪ゴムで束にする。

  • 2.鍋にお湯を沸かし、小さじ1と1/2の塩を加える。

  • 3.春菊の葉を手で持ち茎だけを湯に浸け、先に30~45秒ほど茹でる。

  • 4.春菊全体を沈め、30秒ほど茹でる。(途中で1度上下を入れ替える)

  • 5.茹で上がったらすぐに冷水(夏場は氷水)にとり、中までよく冷やす。

あく抜きの有無

春菊はあくがありそうと思っている方も多いと思いますが、基本的にあく抜きは必要ありません。鍋料理の下茹でもしなくて大丈夫です!むしろ、春菊の苦みは加熱すると増すので、加熱しすぎないようにすることが苦みを抑えるポイントです。

保存方法

冷蔵保存する場合

  • 1.春菊を洗って、しっかり水分補給させる。

  • 2.キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取る。

  • 3.茎に濡らしたキッチンペーパーを巻き、ポリ袋に入れ口を閉じ、野菜室に立てて保存する。(日持ち:約5~7日間)

冷凍保存する場合

  • 【生のまま切って保存する】

    【生のまま切って保存する】

    1.春菊を洗って、しっかり水分補給させる。

  • 2.キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取る。

  • 3.お好みの長さに切り、茎と葉を別々に冷凍用の保存袋に入れ、なるべく平らにし冷凍保存する。(日持ち:約1ヶ月)

  • 【茹でてから切って保存】

    【茹でてから切って保存】

    1.少し硬めに塩茹でした春菊を、冷やしてしぼり、お好みの長さに切る。

  • 2.小分けにしてラップで包み、冷凍用の保存袋に入れ、冷凍保存する。(日持ち:約1ヶ月)

春菊関連のレシピ

もっと見る